サーターアンダギー~沖縄土産

Sponsored Link

沖縄で「サーター」とは砂糖を意味し、別名を「砂糖天ぷら」とも言います。

最近では家庭でも作れるように
「サーターアンダギーの粉」なども売られているため、
沖縄の家庭のおやつのように思われますが、
昔はお祝い菓子として祝いの席でしか食べられないものだったそうです。

現在は、沖縄を代表する看板スイーツとなった
「ーターアンダギー」は、
沖縄のさまざまな場所で買うことができます。

口コミなどで広がる人気の店から、
地元の人々が太鼓判を押す老舗まで色々あります。

サーターアンダギーは沖縄家族旅行のお土産としてもよく買いますが、
今回の子連れ旅行では以前から気になっていた
牧志公設市場の2階にあるサータアンダギーの店「歩」で、
お土産に買ってみることにしました。

「歩」は相当な人気店らしく、
ガイドブックなどに予約が無難とあったので、
沖縄滞在中に帰る日に合わせて電話で予約注文しておきました。

サーターアンダギーは、
時間が経つと中の油が染み出てきて美味しくなくなってしまうので、
お土産に買うなら帰る日などに購入するのがベストだと思います。

牧志公設市場のほとんどが食堂のため、
歩がオープンする時間には食堂はまだ営業していなかったりするのですが、
その中で待望のサーターアンダギーをゲットしました!

お土産として買ったのですが、
やはり出来立てが1番美味しいと思い、
市場を出てすぐにひと口パクリ。

どこまでも優しい味が口いっぱいに広がる感じの歩のサータアンダギーは、
油っぽさなどは一切感じず、
サクサクというよりはふわりという印象のサーターアンダギーでした。

ただ、地元の人たちが買っていく
栄町市場や商店街などで売られているサーターアンダギーも
平均的に美味しいので、
やはりサーターアンダギーの大敵は油っぽさなのだと実感しました。

お土産にするならば、
なるべく帰る日に近くということが
何よりもサーターアンダギーには重要な気がします。

Sponsored Link