米軍基地を感じる

Sponsored Link

沖縄を車で走っていると、フェンスに囲まれた基地があちこちで目に入ってきます。

戦後からは随分縮小されたのでしょうが、
それでも基地の多さと、
この風景が沖縄の一部となっていることを改めて感じます。

外側から見る基地はとてもきれいに整備がされていて、
住居があるエリアなどは完璧に刈られた芝が一面を覆っています。

嘉手納の道の駅の屋上からは、
嘉手納基地を見渡すことができます。

軍用機の離発着が行われたりするので、
テレビのニュースなどでも、ここから撮影したものが
よく全国に向けて流れています。

小学生の息子には、
これまでの沖縄の歴史をひと通り伝えてあったこともあり、
今沖縄が抱える基地問題などを
この屋上で基地を見ながら話し合いました。

特にこの場所には外交問題にも発展しているように、
住宅地も近くにあります。

道の駅の隣で軍用機が飛び立つ状況というのも、
やはり問題がないとは言えません。

子どもがもう少し大きくて、
戦争の歴史や日米の関係などが理解できれば
「ゾウの檻」と呼ばれる
施設を見に連れて行きたかったなと思いました。

ニュースなどでも話題になりましたが、
読谷村の在日米軍施設にあるゾウの檻の借地期限が切れ、
沖縄の地主が契約更新を拒否したことから発展した問題ですが、
この問題は戦後の米国の沖縄統治と、
沖縄の人々の関係を知る上で、
とても象徴的な出来事だったので、
実際に子どもにも見せたかったなのですが、年
齢的に理解できる年ではないので、
今回の家族旅行では断念しました。

Sponsored Link