天ぷら

Sponsored Link

沖縄の市場や商店街を歩くと「天ぷら屋」の多さが目に入ってきます。

平台のショーケースにさまざまな種類の天ぷらが並び、
地元の人々が昼夜問わず買いに来ます。

沖縄の人はおやつ感覚で天ぷらを食べるといいますが、
沖縄の天ぷらは身よりも衣が厚くひとつでけっこうなボリュームがあります。

1個が50円や60円という値段などで売られていることが多く、
沖縄の人は10個単位で買っていきます。

人気の天ぷら屋さんでは次々に客が注文をして買っていくので、
ショーケースに並べる暇がない店もあります。

普通に50個、なかには100個などと注文が入るので驚いてしまいますが、
それだけ沖縄の人には身近な食べ物です。

食感は揚げたてでもサクサク感はなく、
フワフワというか全体にもったりとしています。

どちらかと言えば天ぷらというよりもフリッターに近く、
おやつというよりは腹持ちがする食べ物という感じです。

沖縄では天ぷらを天つゆにつけて食べるという習慣がないらしく、
そのまま食べるか、
家庭ではウスターソースをかけて食べるのが主流のようです。

そのまま食べても衣に薄い塩味がついているので、
子連れ旅行者でもホテルの部屋で
ビールのおつまみや子どものおやつなどにすることもできます。

沖縄ならではの天ぷらとしては、
もずくやアーサー(あおさ)などが有名ですが、
沖縄流のかき揚げとなると、
沖縄の常備食であるポーク(ランチョンミートのこと)や
インゲン、タマネギ、ゴーヤなど沖縄らしさが揃い、
ここでも色々なものを混ぜたチャンプルーな天ぷらに出会えます。

Sponsored Link