沖縄の料理とは

Sponsored Link

沖縄の料理をひと言で表現するなら「優しい味」となるでしょうか。

気候が暑い地域ですので、
塩味などが効かせた料理を連想する人もいると思いますが、

さすが長寿の県だけあって
全体的に薄味の健康的な味付けが多いように思います。

沖縄料理を代表する沖縄そばもダシが効いたとても優しい味付けで、
トッピングされた豚の三枚肉なども丁寧に下処理が行われ脂っこさなどを感じず、
小さな子どもからお年寄りまでが食べられるようになっています。

また、どんな料理も沖縄風となって仕上がってしまうのが沖縄料理の特徴で、
他の地方とはまったく異なります。

沖縄の料理とは

チャンプルーなどはその代表的なものですが、
今や誰もが知るゴーヤチャンプルーなどは店ごとに作り方が違っていて、
ぶ暑いゴーヤをメインにしたもの、
仕上げの玉子をたくさん使用してあるもの、
島豆腐を倍量使用してソフトな味に仕上げているものなどさまざまです。

どの料理も基本味付けはソフトで優しい味になっているため、
小さな子どもに取り分けて食べられるものが多く、
沖縄の子連れ旅行では子どもに食べさせる物にあまり困った覚えがありません。
25.JPG

ただ、観光の一環として行く、
沖縄宮廷料理や沖縄伝統料理などは、
あまり子ども向きには作られていません。

 

24.JPG

豆腐に魚がのっている「スクガラス」、
島豆腐を発酵させたお酒の味が強烈な「豆腐よう」、
パパイヤの炒め物などが出てくるので、
沖縄旅行の話しのタネにはなりますが、

子どもにとっては
なかなかテンションが上がらない食べ物となっています。

米国の統治を受けていた沖縄では、
米国の食文化の影響も色濃く残っています。

ステーキやランチョンミートなどが
普通にレストランのメニューに並び、
沖縄の県民食となっています。

ハンバーガーなども含め、
この米国流の食べ物は子どもの大好物なので、
子連れ旅行で子どもが沖縄の料理を好まない場合などに活躍してくれます。

Sponsored Link